レストア作業
|Top| |About ET| |Profile| |Cars| |Bikes| |Tune| |Race| |Restore| |Trouble|
|New| |BBS| |Sell&Buy| |Shops| |Other| |Movie| |Photos| |Information| |Rescue|
|Link|

 旧い車の最終到達地点は「レストア」ではないでしょうか?
 しかし、所謂「フルレストア」なる事をショップなりに依頼するとなると、車がもう1台や2台は軽く買えるような資金が必要となります。これはその作業を考えれば当然の事で、お店が暴利を貪るからではありません(自分でレストアを行ってみて、そう感じました)。
旧車市場であくまで客観的判断において「価値」のある車、例えば箱スカの「GTR」や「トヨタ2000GT」、その他希少な車であれば大枚叩いて綺麗に修復するだけの価値はあるかもしれません(注:この場合の価値は「動産」としての価値という意味で、車そのものの価値や優劣を言っている訳ではありませんので誤解なさらないで下さい。オーナーが好きな車が一番価値ある車です)
 しかしながら私達が好んで乗っている旧車が全てそのような車かと言うと、そうとは限りませんよね。私の箱スカも同様で、4ドアのGT=高性能モデルでもホモロゲモデルでも希少モデルでも何でもなく、極々普通の旧いセダンです。これは旧車ショップでも50万円前後で売られている車です。という事は車体自体の旧車としての価値は、殆ど無いでしょう(泣)。そのような車に3桁万円単位で資金をつぎ込めるか?...まぁ、気持ち的には云百万円だろうが、一千万円だろうが掛けてやりたい気持ちはあります。幼少の頃からの憧れの車でもありますし...しかし先立つものが無いので物理的に不可能です。
お店にフルレストア依頼なんて、とても無理なお話な訳です。
 しかし、「綺麗にしたい」、「少しでも傷んだ所を修復したい」、「性能を上げたい」という気持ちはあります。でもお金が無い...では、自分でやってしまえば...こんな安易な発想が泥沼への道を...(笑)
目  次
内       容
 箱スカ・ボディ編
・昭和46年式日産スカイライン2000GT(GC10)のレストア(統合済)
 街乗りホンダZ編 オイル下がりで休養中だったホンダZを突然レストア!?
 箱スカ・機関編 ・昭和46年式日産スカイライン2000GT(GC10)レストア完了(統合済)
 箱スカ・追加編 昭和46年式日産スカイライン2000GT(GC10)錆が再発!!
 旭屋氏のBMW編 1970年式BMW3.0CSのマフラー補修(溶接作業)
 YAMAHA RZ350編 1981年式 YAMAHA RZ350 レストア作業
 SHINさんのハコスカ 突然室内に緑の液体が...!!
 フロンテ・クーペ編 いよいよフロンテの再生を開始?
 箱スカのレストア 昭和46年式日産スカイライン2000GT(GC10)レストア 統合化
 板金用工具の製作 レストア板金作業のために工具を廃物利用で自作
 箱スカのレストア 幸せは突然に..感染する?(笑)
 オルタネーター整備 オルタネーターをオーバーホール
NEWワイパーモーター流用交換NEW ワイパーモーター故障、しかし既に部品は出ない...(汗)